Altamira

Kearny eyewear

kearny gravel-4 green stone

新潟県佐渡島の最北端で拾った石をレンズの形とし、original fabric acetateを使用した『 gravel-4 』
石や島のディテールを施した蝶番、ぷっくりとした石のような飾りカシメは全て新規に作り込んだオリジナルパーツとなります。自然が生んだ不規則な多角と丸み、石のような形を描いたフレームが印象的なオーバルの変形型。ファッション性の高いモデルですが、フレームの細さと、レンズの天地幅が狭く掛けてみると馴染みのよいデザインです。

kearny eyewear 22ss season concept
“gravel”

昨年のセルロイド工場の生産休止を受け、kearny初となるoriginal fabric acetateを使用した新たな取り組みのコレクションとなります。

デザイナーの熊谷 富士喜は佐渡島で貝を拾う老人と出会い、海や貝、石に魅了されました。今回のコレクション”gravel"では佐渡島の石を眼鏡のデザインに落とし込みました。今回使用したアセテート生地は「タキロン・ローランド」という日本で唯一のアセテート生地メーカーにて生産しています。海外産が殆どのアセテートですが、「MADE IN JAPAN」を大事にしてきたブランドとして、アセテートも国産にこだわりました。またアセテートはセルロイドと違い、生地の色・柄の自由度が高いのが特徴です。"gravel"(=「砂利」)をデザインに落とし込むのに最適な生地となります。

石へのこだわりは生地だけではなく、レンズの形にも反映されています。2種類のレンズの形は佐渡島の石からトレースしたもので、石の形のレンズをベースにして、フレームの形を起こしていくという特殊な手法をとることで、6型のすべての眼鏡で石を表現しています。また、石へのこだわりはテンプルエンドの形やカシメのパーツにも反映されています。”gravel”はディティールまで徹底的に石にこだわったコレクションです。

デザイナーの熊谷が佐渡島で出会ったものは石だけではなく、番茶との出会いも”gravel"に影響を与えています。今回のカラーレンズは"green tea"と"coarse tea"の2色。"green tea"が関東の番茶、”coarse tea"が関西の番茶の色を表現しています。関東出身の熊谷は、佐渡島で茶系の”coarse tea"の番茶を飲み、地方によって番茶の色が異なっていることを知りました。眼鏡を通して、日本の文化に触れてほしいという想いも"gravel"には込められています。

モニターの発色、撮影環境により実際のものと色味が異なる場合がございます。

*先行予約商品となります。
(12月中旬以降のお渡し予定となります)

素材
アセテート
99%UVカットレンズ

カラー:グリーンストーン
レンズカラー:クリア・グリーンティ

サイズ
レンズ幅 47mm ブリッジ幅 22mm テンプル幅 143mm レンズ天地幅 36mm

kearny gravel-4 green stone

商品コード:164927158

カラー/サイズ

PRICE 38,500円(税込)
獲得ポイント 770pt
購入数