Altamira

KATIM

KATIM CONTI

デザイナー小坂英子氏により、2015年にスタートしたブランドKATIM (カチム)。
アンティークやビスポークのシューメイキングにヒントを得た世界観でありながら、現代のスタイリングに溶け込むタイムレス且つ新しいフットウェアというテーマを掲げスタートしたKATIM。
デザイナーの小坂氏はオーソペディシューテクニック( ドイツ整形外科靴学) を学び、整形外科靴技術者の証明である整形外科靴ゲゼレ国家資格を取得。
イタリアのフィレンツェをイメージしたという上品なミドル丈のショートブーツCONTIのご紹介です。このブーツの魅力は、まずこの凛とした佇まい。一枚の皮を切れ目なく大きく使ってシューズの前半分をぐるっと一枚の皮で形成することでこのような佇まいを実現しています。これはすばらしい技術なんです。ホールカットとかワンピース、という作り方なのですが、木型に合わせてゆっくりゆっくり皮を馴染ませ、伸ばしながら徐々に形にしていくこの製法。すごく時間と手間がかかります。

シワを出さずに立体的に釣り込む技術は熟練した職人でないとなし得ない、まさにKATIMらしい一足。また、一枚の大判なので傷のない良質な上質な皮を使わないといけない、コストもかかる技術。
そして見た目も大切ではありますが、シューズはオブジェではありませんので大切なのは履き心地。縫い目がないからあたりがなく素晴らしいはき心地を実現しています。
そして大きな一枚皮は履けば履くほど自分の形に皮が形成されていくので足の形にものすごく馴染みます。

スクエアのラウンド型トゥーはKATIMというブランドの代名詞とも言える形です。こちらのトゥーの形にバランス良くデザインされたコバ。レディーズだとコバは同色のシューズが多いのですが、KATIMのほとんどのシューズはコバがレザー本来のカラー。さらに飾りを施す事でクラシックで上品な大人の女性のイメージが増しています。
かかとにはすくい縫いで仕上げられた曲線。こちらもワンポイントとなっています。本来、すくい縫いとはアッパーとソールを繋ぐための技法で、靴のオモテ面で見ることはほとんど無いのですが、それを敢えてデザインとして取り入れています。腕の良い靴職人にしかできない技法なので、KATIMの職人気質が伺えます。こちら、本当に一足一足手で編んで作っているそうです。丁寧に丁寧に手間暇かけて作られた大量生産できないシューズと言えます。


素材:カウレザー
サイズ:35.5/36/37/37.5/38
カラー:black

必ず特定商取引の注意事項をお読みの上ご注文くださいませ。

KATIM CONTI

商品コード:154694374

サイズ

PRICE 80,300円(税込)
獲得ポイント 1606pt
購入数