Altamira Web Shop

Altamira Blog

《KATIM》スウェードな3型…♡ by Chie

こんばんは。

 

オーナーのchieです。

 

本日もKATIMのサンプルを見に来てくれるお客様で賑わっておりました。

ありがとうございます〜!

 

今回は初めての別注もあり、非常に見応えのあるシーズンになっています。

 

別注のカラーが想像通り、、いや、想像以上に素敵でかなり上がっています。

 

 

数に限りがあるのでお早めに見にきてくださいね。

 

そして、もうすぐデザイナー在店イベントです♡


《3月30日(土)31(日)2日間限定》

1日目 12:00〜20:00
2日目 12:00〜18:00 

 

 

 

お客様一人一人の足に合わせてシューズフィッティングを行います。

詳しくは▶︎▶︎▶︎KATIM POP UPのお知らせ

こちらに書いてありますので、チェックしておいて下さいませ♡

 

 

 

では、

引き続き、本日もKATIMのシューズをご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

PICO

¥61,000-

 

L.Aの都市の名前が付けられたエンジニアブーツ。

 

KATIMには珍しい、ボリュームのあるシューズです。

展示会のDMにもなっていて、実際に見る前から気になっていた品番です。

 

こちらはKATIMでずっと取り組んでいるセミハンドという、手作りのラインの木型を始めて使ったシューズ。

(ちなみに、ハンドメイドの方はお値段が約3倍)

 

通常の工業生産のシューズ木型よりも繊細に作ってあるので、履けば履くほど馴染みが良いのがハンドの特徴。

 

それを量産価格で実現したのがこのブーツなのです。

 

 

【black】

 

まずは定番のblackからご紹介。

KATIMのシューズは全て名門タンナーから仕入れたイタリアレザー。

今回のスェードはヤギ皮。

 

牛皮に比べると薄く、しかも丈夫なヤギ皮はパンプスなど、レディースのシューズに用いられることが多く、足馴染みが良いのが特徴です。

 

ピッグスェードと比べると比較にならないほど丈夫なので、長くご愛用いただけます。

 

ソールはカジュアルなデザインなので、ビブラム社のラバーソールを使用しています。

コバの飾りにはKATIMのアイコンであるギザギザ模様がポイントになっています。

 

 

 

2パネル仕様と言って、ハギが少ないのも特徴で、とっても贅沢な仕様なんだそうです。

 

 

 

【khaki】

 

私はこちらの色を買うことに...♡

シューズクローゼットが真っ黒になりがちなので、今季は黒くらい合わせやすい色物が欲しいなと思っていたところ、このkhaki、すごく素敵な色。

 

デザイナーさんは色出しが好きであるイタリアのタンナーをずっと使っているそうです^^

 

日本ではなかなか出せない綺麗な色はプリンシペールやウマという品番でお馴染みかと思いますが、このkhakiもなかなか渋い素敵な色。

 

ゴールドのサークル金具が際立ちますね。

このサークル型の金具も好きなポイントです。すごく珍しいと思います。

 

 

RICHMOND

¥53,000-

 

次に気になっているのがこちら。

とっても珍しい、ホールカットというシューズ。

 

一枚の皮だけで作られる靴で、かかと以外に継ぎ目を作らずアッパーを包み込むように仕上げるため、作るには非常に高い技術を要する靴。

 

装飾がなく、とっても上品。

 

皮はイタリアレザー、こちらは肉厚な牛皮スウェード。

牛皮はタフで紳士物にもよく使われています。ヤギより丈夫だそうです。

 

はき口にはパイピングが施されています。

 

 

 

素敵...♡

 

2.5cmとほぼペタンコですが、シャープな佇まいとスクエアートゥーが足元を上品に見せてくれますね!!!!

 

パンプスよりもタフで丈夫なので、お仕事用にも非常におすすめ。

 

 

ソールはラバーで手入れやアフターケアも楽です。

 

 

18

¥44,000-

 

本日、最後にご紹介するのはニーパネル、というとても珍しい品番。

上記のリッチモンドと同じイタリアの牛皮を使用しています。

 

置いてある写真だと何?何?と言ったところですが、

これ、

履くと、

すっごい可愛いのです。

 

 

先ほどご紹介したRICHMONDに合わせています。

 

脚がまっすぐ見えるニーハイブーツになりました!!!

すごい。

 

こちらはファッションアイテムだと思っていたのですが、実は、紐で膝下をぎゅっと締めることで、脚がむくみにくくなり、楽になることから着想を得たKATIMらしいアイテム。

 

この組紐がまた素敵なのですが、創業150年の浅草にあるヒモ屋で作っているそうです。

 

細かいところに拘った結果、全体としてすごく上品な仕上がりになっているわけですね。

 

組紐特有の”ふさ” がなんとも後姿を素敵に魅せますね。

 

これも履いたら欲しくなっちゃいました。

 

ネイティヴなイメージのbrownでしたが、blackはまた、とても合わせやすそう。。。

 

 

AKIRANAKAの別注ドレスと合わせてみました^^

 

このようなオーガンジー、レース系の洋服でもスタイリングできます。

 

次の秋冬はどこのブランドからもニーハイ、サイハイがリリーズされていたので、気になってるお客様も多いと思います。

 

実際に着用すると良さがもっともっと伝わるので、ぜひ試着しにきてくださいませ。

 

土日は私も店頭でお待ちしています!!!!!

 

 

Chie