Altamira Web Shop

Altamira Blog

waccowacco 12inch Bag byChie

こんばんは。

オーナーのチエです。

 

今日はかんちえさんまゆみちゃんに続き、waccowaccoの新作をご紹介いたします。

 

サークルバックに、バムバックと、変わりダネを2種類紹介しました。

 

持ってるだけでコーディネイトの一部になる上記のバック、

オススメです、が、”私荷物が多いんですよ!”というお客様の為に・・・

 

今日紹介するのは、超実用的なサイズ感のバックです。

 

 

DSC_7519

 

waccowacco 12inch Bag

 

その名の通り、12インチのレコードがすっぽり収まるバック。

古いレコードバックからインスピレーションを受けて作られたバック。

レコードって重いですからね、レコードバックをモチーフにしてるってことは、それはもう、頑丈です。

 

 

DSC_7520

 

マチは8.5cm。芯が入ってしっかり立つバック。

 

DSC_7521

 

後ろ姿がこちら。フロントにはコートのポケット部分が使われ、

ポイントになっていましたが、後ろはすっきり。

 

DSC_7522

 

 

WW = waccowacco のブランドロゴに ”MADE IN JAPAN” の刻印。

 

今季のwaccowaccoのバックは、何でも良いから(どの形でも良い)

絶対に買いたいって思っていました。

 

 

なぜかというと、”旧タグburberryクロスを使用している”

という素晴らしいプロダクトを身に付けたい、

所有したいと思ったからです。

 

 

このリプロダクトのベースとなっているburberryのトレンチコートというのは、

1880年、つまり100年以上前にレインコートとして誕生し、

コットン100%で防水という当時、センセーショナルな素材として注目を浴びました。

 

このコットン100%で防水という素材は、シェークスピアの戯曲「テンペスト」に登場する、

怪物キャリバンが着用する上着”ギャバジン”から拝借して、

製品名は、『ギャバジン』と命名されました。

 

イギリスの「英国王室ご用達」=「ロイヤルワラント」となり、

burberryのコートはその時代を彩るファッションアイコンになったんです。

 

しかし、時代が変わるにつれ、オイルドコットン、ゴアテックス、、、etc

安価で丈夫な素材がたくさん市場に出回り、

労力もお金もかかる『ギャバジン』の需要は、減少していきました。

 

 

そんな時代背景や今のアパレル市場を憂いながら、

”本当に良い物を再利用したい”

というwaccowaccoというブランドの姿勢にお金を出したい。

と思う。

長く、そして熱くなりましたが、そんなところです。

そして、この四角いバックを買ったわけです。

 

 

PCを持ち歩いて打ち合わせをすることがたまーにあるので、

PCが入ったら最高じゃん!

と思い、試してみました。

 

DSC_7725

 

13インチのMACBOOK に、書類、大きめ手帳。名刺入れ、スマホ。

 

DSC_7734

 

余裕で入りました。

さて、持ってみると。。

 

DSC_7765

 

 

型崩れしてない!素晴らしい!!!!!

これを買おう、そうしよう。という流れで購入しました。

 

スタイリング ▼▼▼

 

 

IMG_1947

IMG_1946

 

 

mameのプランティングジャージーワンピースに。シンプルな洋服にまずはさらりと。

 

全身ダークトーンという、やりがちなコーデ、ブラックレザーのバックだと重くなっちゃうので、このkhaki、beigeなカラーが抜け感出て良いです。

 

 

IMG_1949

 

IMG_1948

 

 

2つに畳むとクラッチバックにもなるんですよ。

荷物が少ない日はクラッチに。

コットンギャバは経年するので、生地に味が出てくるのも楽しみ!!

さらにVintage 感を出してずっと使っていきたいです。

 

この素晴らしいプロダクト、是非、店頭に体感しにいらしてください!!!

 

では、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

 

Chie